あの頃好きだったCM「コカコーラ」

コカコーラのCM。

記憶に残っている「あの」コマーシャルは、違うような気がするけど、とにかく好きだった時期のコマーシャル。

このCMを見て、

都会に憧れ、
会社勤めに憧れて、
はやく大人になりたいと思っていたあの頃。。

博報堂さん、すごく憧れていました。

実際のスピードよりほんの数パーセント、スローにして流す手法、
表現のおもしろさ、美しさに引き込まれた、一つのきっかけともなりました。

今の仕事をしてなかったら、こちらの仕事をしていました(っていうくらい)。

そんな意味でも、自分史の中の革命的なCM。
CMを通して、人や社会、コミュニケーションを考えるきっかけになったCMです。

それにしても、このYouTubeのタイトル「1987年バブル絶頂期のコカコーラのCMが爽やか過ぎて死にたくなるww」ぴったりすぎて悶絶しちゃいそう!!(*^^*)

このごろ好きなCM「ファミマ」

ファミリーマートのCM。

主人公は一生懸命がんばるファミチキ先輩なのですが、
いいなぁと思ったのは、
後輩アルバイトで出てくる「ミンさん」。
地方でも店員さんって外国の方が多くなってきましたし、
大都市の深夜だと全員?というくらい外国の方ががんばってくれています。

でもコマーシャルだと日本人だけっていうのが、これまで。

それを実態に合わせてというか、”今”をちゃんと描くからこそ、
被り物のファミチキ先輩がよりリアル?っぽく描けているのかもしれません。

とても好感が持てるCMです。